スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手捏ねのバターロール

とうとう自宅でパン作りデビューしました!

第1作目はバターロール。

作る前はちょっと緊張!
1次発酵用のお湯を沸かし、2次発酵のためにオーブンを温め、軽量をきっちり行なって、スタート!

粉類と液体類を混ぜ合わせ、捏ね始めた時に、パン教室で作ったときと生地の感覚が若干違っていて、
少々焦りを感じました。

パン教室ではペアで交互に捏ねる作業を行なっていたのでわからなかったのですが、
全部一人で行うと結構腕の筋肉が鍛えられそうだということに気づき、
手ごねのメリットが見えてきました(笑)

生地の状態を見ながらコネの回数を見極めるのですが、教室で作ったときよりも5‐6セット多くコネたし、
1次発酵も、教室言われた時間の半分で生地が良い状態になっていたし、
パン作りはレシピに書いてある通りに行うのではなくて、その時の温度や湿度やコネ方によって変化する
生地の状態を見ながら、次の作業に映るタイミングを見極めなければいけないのですね!

やはりパン作りは経験を積まなくては上達しない。

でも、とっても緊張しながらちゃんと生地と向き合って作ったおかげで、第1作目は大成功を収めました!
RIMG2108.jpg


生地はしっとり、もちっとした感じで、何も付けなくても美味しかったです。
日本のベーカリーで売っているパンのように洗練されてはいないけど、やっぱり手作りは美味しい♫

今回は強力粉のみで作ったのですが、薄力粉を少し混ぜて作るレシピも発見しました。
もしかすると、薄力粉を混ぜたほうが焼き上がりがふわっと柔らかくなるのかな?
パン作りについて詳しい方、教えてください!
     

コメント

大都会ロンドンでも日本のパンはないのね。大して好きじゃなかったのに、恋しいよね~日本のふわふわやわらかのパン。

さて、バターロール。私が習った分量は、強力粉7に薄力粉3でした。
わが家は、もう、ずっとパン焼機にお任せなので、習いっぱで試してないからわかんないけど。がんばれ~
Secre

     
アクセスカウンター
プロフィール

mikarin

Author:mikarin
夫の転勤のため2010年5月にロンドンへやって来ました。
食べること、飲むこと、旅行が好きな専業主婦。
2013年4月に長男(太郎)が新たに家族に加わりました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。