スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリティーパン

ロンドンでパン教室を開催している日本人女性が今回の震災のためにチャリティーパン教室(材料費以外のレッスン代を全額義援金として寄付してくださるそうです)を開くことになったので、お友達と参加してきました。

パン作りといえば、子供のころ母と一緒によくパンを作っていましたが、それ以来ご無沙汰していました。

イギリスでは日本みたいにパン屋さんが多くないし、日本人の口に合うパンとはなかなか出会えません。
ローカルのパン屋さんでは、日本にあるような菓子パン類は勿論ですが、日本と同じようなフカフカな食パンや柔らかくて香ばしいバターロールは入手不可能です。

日本のパンが売っている所もあるのですが、毎日のお買い物をする場所ではないので、いつでも買えるわけではありませんよね。
(ロンドン郊外に日本風のパン屋さんが1軒あるそうですが、遠いので未開拓。また、近くの日本食材店(通称「ジャパセン」)では手作り菓子パンや総菜パン、食パンなどが売っていて、ちょうど昨日カレーパンを買ってきました。)

「美味しいパンがない!」
これが、イギリスに来て困ったことBest5のうちの一つ(笑)。
ロンドンに来た当初は美味しいパンを求めて、毎日必死になってパン屋さん探しをしました。
(イギリスのスーパーで売っているパンのほとんどは、少なくとも旦那さんと私の口には合わないのです。使っている小麦のせい?)

今は、美味しいと思ったパン屋さんで購入したデニッシュ系のパンやバゲットなどを食べていますが、やっぱりフカフカ香ばしい日本の食パンとロールパンが恋しいです。
そろそろパン作りに挑戦してみようかな、と思っていた矢先でした。

パン教室で作ったのは、春らしい「苺メロンパン」と「抹茶マフィン」。
パン教室

メロンパンは先生が機械でこねておいてくれた生地も使い、手ごねと機械の違いを比べることができました。

機械でこねた方がふっくら軽い仕上がりで、見た目も綺麗なのですが、食べた感じでは、モチっとやわらかく、パンそのものの味をより感じられる手ごねのほうが私好みでした。

これからちょっとずつ、自宅でパン作りに挑戦していきたいです!
     

コメント

Secre

     
アクセスカウンター
プロフィール

mikarin

Author:mikarin
夫の転勤のため2010年5月にロンドンへやって来ました。
食べること、飲むこと、旅行が好きな専業主婦。
2013年4月に長男(太郎)が新たに家族に加わりました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。