スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー フィヨルドの旅

先日ノルウェーへ行ってきました。
旅の目的は、フィヨルド鑑賞。

ロンドン郊外のガトウィック空港を夜出発し、約1時間半のフライトで現地時間23時過ぎにノルウェーのベルゲン空港に到着。この日は空港のすぐ近くのホテルに宿泊しました。

次の日の朝、いよいよフィヨルドツアーへ出発です

フィヨルドを見るには、『Norway in Nutshell』というツアー(?)で決められた基本コースに沿って自分達で移動します。
フィヨルドを見るコースは幾つかあるようですが、私達のコースはこちらです↓

・ベルゲン~ミュルダール(鉄道で2時間)
・ミュルダール~フラム(登山鉄道で1時間)
・フラム~グドヴァンゲン(フェリーで2時間)
・グドヴァンゲン~ヴォス(バスで1時間。私達は途中のスタルハイムで1泊)
・ヴォス~ベルゲン(鉄道で1時間)


午前8時40分、ベルゲン駅からベルゲン鉄道に乗り、いざ出発!

ベルゲン鉄道

車窓から見える景色は、まるで『世界の車窓から』を見ているような美しさです。

ベルゲン鉄道からの風景

2時間後、終点のミュルダール駅に到着。
向かいのホームのフロム鉄道に乗り、標高866mのミュルダール駅から標高2mのフロム駅まで、約1時間かけてゆっくりと急斜面を下っていきます。(席は争奪戦でした)

フロム鉄道

フロム鉄道の一番の見所はこの滝。

滝2

滝の前で電車が暫く止まるので、電車から降りて撮影タイムです。

滝

乗客が記念撮影をしていると、何やら幻想的な音楽が流れてきて、突然、衣装を着た踊り子が滝の前に現われて踊り始めました。

滝の前の踊り子

音楽が終わると踊り子は岩の陰に姿を消してしまいました。
皆苦笑です。面白い演出ですね。

車窓からはこの滝以外にも大小様々の数えきれないほどたくさんの滝が見えて、本当に水が豊かな国なんだということが実感できます。
速度がゆっくりなので、急斜面を下ったり急カーブを曲がっているという感覚はあまりありませんでした。

フロム駅に到着し、目の前にあるフェリー乗り場のカフェでランチを取ることに。
物価が高いことは覚悟していましたが、まさか・・・。
一番安くて味の失敗はないだろうと思って買ったソーセージとポテトの盛り合わせが日本円にして約800円!!

ランチ

このメニュー自体が既にあり得ないのに、ソーセージは魚肉ソーセージのよう。。。ポテトは普通。
左上に見えるのは、ガトウィック空港の免税店で購入した赤ワイン。

ランチ後、いよいよこの旅の一番の目玉、フェリーに乗って海からフィヨルドを見に行きます!
私達はフェリーの最上階のデッキの椅子を確保し、外で景色を見ることに。

デッキの上

フェリーが動き出すと一気に気温が下がり、セーター2枚に薄手のダウンジャケットを着ても寒かったです。
(※私はかなり寒がりです)
でも雄大な景色を眺めていると、いつの間にか寒さを忘れてしまいました。

フェリーから1

フェリーから2

フェリーから3 フェリーから6

フェリーから7

2時間の航行が本当にあっという間に終わってしまい、フェリーはグドヴァンゲンに到着。
グドヴァンゲンから『Norway in Nutshell』のヴォス行きのバスに乗り、この日の宿、スタルハイムホテル前のバス停で途中下車します。

ホテルは200年近くの歴史を持つ古いホテルです。

スタルハイム
(赤い建物がホテル)

ホテルのお庭からの眺めは最高です。

スタルハイムホテル庭から

dinnerはホテルのビュッフェを利用しました。勿論ホテルの周辺にはお店など何もないので。。。
ノルウェーらしく海の幸を利用したお料理がたくさんありましたが、全体的に薄味でした。

ホテル食事

ホテルの部屋にはテレビがないので、夜は部屋で持参したワインを飲みながら、のんびり景色を眺めながら静かに過ごしました。

ホテル部屋から
(部屋からの眺め)

次の日、ホテルのチェックアウトが12時だったので、ギリギリまでこの景観を堪能したいと思い、ホテルから片道45分、2.5km(往復5km)と書いてあった一番初心者向けのハイキングコースを歩くことにしました。

周囲の山?渓谷?を見ていると、自分がいかに高い場所にいるかがわかります。
(※私は高所恐怖症です)

ハイキング1

ハイキング4


だんだん道が細くなり、仕舞にはどれが道なのかわからなくなり、景色を見る余裕がなくなってきました。

ハイキング2

少しでも足元がずれると、崖の下までノンストップです!!!

ハイキング3

この道で今まで事故がなかったとは思えません!!!

結局、45分歩いてもハイキングコースの終点の絶景ポイントには到着できず、バスの時間に間に合わなくなるので途中で引き返すことにしました

怖かったけど、何だか達成感で一杯です。
RIMG0869.jpg

ホテル前からバスに乗るとすぐに、バスは十数か所の急カーブを曲がりながら急斜面を下っていきます。(写真撮り忘れました)

1時間弱でバスはヴォス駅に到着。
ベルゲン行きの電車まで時間があまりなかったのでヴォスは散策しませんでしたが、駅のすぐ目の前の湖がとても綺麗でした。

ベルゲン鉄道でベルゲンに到着したのは14時頃。
駅周辺で軽くランチを済ませることにしたのですが、日曜日なのでほとんどのお店が閉まっていました。

ベルゲン街中
(ベルゲン中心部の広場)

仕方なくマックでランチ。。。
セットで一人1300円ぐらい。。。(またまた物価の高さを実感)

マック

でもお肉は日本のマックより美味しいと思いました。(ロンドンのマックは未経験)

ランチ後、ベルゲン駅から空港行きのバスに乗り、ベルゲンの街を後にしました。

ロンドン中心地に戻ってきたのは21時近くだったのですが、どうしてもこのまま旅を締めくくることができず、お口直しにチャイナタウンまで小龍包を食べに行きました!

今回の旅行では食事が難点でしたが、フィヨルドのダイナミックな景観には一見の価値があると思いますので、自然が大好きな方にはおススメです。
時間にゆとりがあればもうちょっとゆっくり滞在して、1日かけて巡るハイキングコースにチャレンジしたり、色々なフィヨルドを見に行くのも良いかもしれませんね。
     

コメント

景色が綺麗だったので、ずっと乗り物に乗っていても全然飽きませんでした。
本当にたくさんの滝があって、マイナスイオンたっぷりだったよ!

絶景だね~!
滝、マイナスイオンすごそうe-492
踊り子笑えるv-364
景色もいいけど、鉄道やフェリーでの旅、羨ましい。
いろんな乗り物乗り継ぐ旅、結構好き~v-351

日本にも素敵な所はたくさんあるけど、このダイナミックな光景は海外ならではだね!
世界の車窓からはいい番組だと思います☆

めちゃ雄大で素敵な景色ね☆ヨーロッパはどこ行くにも近くてうらやましいわ~。世界の車窓からわたしも大好き 
Secre

     
アクセスカウンター
プロフィール

mikarin

Author:mikarin
夫の転勤のため2010年5月にロンドンへやって来ました。
食べること、飲むこと、旅行が好きな専業主婦。
2013年4月に長男(太郎)が新たに家族に加わりました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。