スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインでの結婚式〜中身編・3〜

スペインでの結婚式〜中身編・3〜

深夜まで続いた結婚式の宴の翌日、新郎新婦主催のブランチがあるとのことで、前日直談判をしたビーチのcafeに集合しました。

「どうせみんな遅れてくるだろう」と思って、私達も少し遅れていきましたが、案の定、私たちより先に到着していたのは偶然かもしれませんが全員ドイツ人。

私が英語学校に通っていた頃、集合時刻を守ったのはドイツ人と日本人だけだったという経験があるだけに、妙に納得してしまいました。

旦那さんは相当二日酔いで、皆が心配するほど元気がありませんでしたが、集合時刻を1時間ほど過ぎて、やっとほぼ全員が集合したので、ブランチ開始です。

ブランチというより、簡単な朝食という感じでしたが、このビーチを眺めながらの食事は最高でした。
wedding11.jpg

wedding12.jpg



食事後は各々、ビーチに遊びに行ったり、cafeでおしゃべりしたり、飛行機の時間で帰る人もいて、結構適当。

私達も早めに切り上げてタラゴナの世界遺産でも見に行こうかとも考えましたが、なにせ旦那さんが二日酔いで、決断力に欠け、そのままだらだらとcafeでお喋り・・・

そして15時、「ランチでも食べようか!」の合図に皆合意、残った友人達とパエリヤを食べました。
8人でサラダ2種類と大きなパエリヤを2種類注文し、皆でシェアして食べました。
(もうこの頃は写真を撮る元気がなくなっていたのかも・・・。)

17時になり、私たちもそろそろ空港に向かわなくてはなりません。
幸いにもスペイン人の友人が空港まで車に乗せて行ってくれるとのことだったので、何故か新郎の親戚の叔母様(フランス人)と相乗りして空港まで向かいました。

新郎のお母様はフランス人なので、結婚式にはフランス人の従兄弟達も出席していました。
そのうちの1組の夫婦が、現在ロンドンに住んでいて家が近所だということがわかり、早速連絡先を交換してロンドンでも会う約束を果たしてきました。

ロンドンに居ながら夫婦でお付き合いできる日本人以外の友達が今までいなかったので、旦那さんも私も、このカップルに出会えたことをとても嬉しく思いました。

観光などは一切できませんでしたが、それでも今回の結婚式は、旅行以上の感動と感激を与えてくれたかもしれません。
大満足でロンドン行きの飛行機に乗り、帰路に着きました。

正直、結婚式に行く前は緊張で一杯でした。
旦那さん以外誰も知ってる人がいないし、日本人もいないし、会話の中に入れるかもわからないし・・・

でも、結果的には200%ぐらい楽しめたと思ってます。

これも全て旦那さんのお陰です。
私が皆とコミュニケーションが取れたのも、隣に旦那さんが居てくれたから。
わらないことがあると「これって何て意味?これって何て言うんだっけ?」と聞けたし、私はあくまで妻という立場での参加だったので、メインで話すのは旦那さん。そういう点で、旦那さんと私の疲れ具合は全然違っていたと思います。
とにかく旦那さんに感謝です。

それから、今回このような素晴らしい日に私たを招待してくれた新郎新婦、そのご家族にも大変感謝しています。
私達二人にとって、生涯忘れられない思い出になりました。ありがとうございました!


     

コメント

Secre

     
アクセスカウンター
プロフィール

mikarin

Author:mikarin
夫の転勤のため2010年5月にロンドンへやって来ました。
食べること、飲むこと、旅行が好きな専業主婦。
2013年4月に長男(太郎)が新たに家族に加わりました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。