スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア人マダムによるクッキングクラス

今日はイタリア人マダムによるお料理教室に行ってきました。

マダムはご主人の転勤で世界数カ国で生活した経験があり、各国でイタリア料理を教えていたそうです。
現在はロンドン在住で、ケータリングビジネスなどを行っているそうです。
マダムというイメージにぴったりな素敵なマダムでした

メニューはこちら。

・野菜とペコリーノチーズのパパデレパスタの紙包み焼き
・生ハム包みターキーミートローフ
・ビネガー風味のパプリカソテー
・ティラミス

今回は生徒参加型ではなく、生徒は見てるだけのプレゼンテーション形式。
現地のクッキングクラスはこのスタイルが多いのです。(今回は日本人向けのレッスンでした)

イタリア人らしく?!、先生は一切計量をせず、味見をしながら感覚で料理を作っていました。
手際よく、これだけの料理を一人で2時間半弱で作り上げてました。早いですね!

見てるとお腹がグーグー鳴ってくる・・・
待ちに待った試食タイムです。

まずはパスタから。

2012041301.jpg

茹でたパスタに野菜を炒めてスープで煮詰めたソースをからめ、チーズ、バジルなどを載せてクッキングシートで包んでオーブンで焼きます。
ソースには野菜の旨みが凝縮されていて、あっさりなのにコクがあって、ほっとする味。
簡単なようですが、このような丸みを帯びた味を出すには、何度も作り込まないと無理かも
同じ味にはならないとしても、このレシピは試してみたいなと思うものでした。


そしてメインと付け合わせ。

2012041302.jpg

最後の仕上げの段階の写真ですが、パプリカを多めのオイルで揚げるようにゆっくりと焼き、パプリカを取り出した後の残ったオイルにビネガーを加えてソースを作り、最後に上からどさーっとかけます。
オイルの量が多くて心配でしたが、食べてみるとビネガーのお陰で物凄くあっさりしていて、パプリカは甘味が十分に引き出ていて、こちらも付け合わせにするのがかわいそうなくらい美味しかったです。

メインは、これまた美味しくて・・・
ターキーなのでとてもあっさりしています。
だからとても食べやすい。
お肉に弱い私でも、これならたくさん食べれそう

2012041303.jpg
(全体像)

2012041304.jpg
(中身)


デザート

ティラミスは冷蔵庫で寝かせる必要があるので、マダムがあらかじめ作っておいてくれたものを食べました。
ところが、このボウルが結構大きくて、3人前ぐらいはありそうですが、それが一人につき1個

2012041305.jpg

こんなに食べられないよーと思いつつ、一口食べてみると意外とあっさりしていて、手作り感がこもっていて私が好きな感じ。
そう言えば、イタリアで食べたティラミスもこんな感じだったな~。

でもやっぱり苦しくて、途中何度もリタイアを考えたのですが、皆結構頑張って食べていて、それを見ると私も頑張るか!という気になってしまって、結局全部食べきりました!!!

マダムはダイエット中なのでちょこちょこっとずつしか食べていませんでしたが、私達がティラミスを完食したのを見て驚いていました。

ん?この量を用意したのはマダムではありません?
頑張って食べる必要はなかったのかしら???

最後は体育会系で終わりましたが、美味しくて見栄えもよくて使えるレシピを教えてもらったし、どこで何を買えば良くて、何がダメなのかなど、生活に結び付くお話も聞けて、大変勉強になりました。

私も彼女のように素敵なマダムになれるかしら??

スポンサーサイト

お料理教室~クリスマスメニュー~

最近ちょっとバタバタしていて更新できませんでした。

気づけば一度もアップしていなかったお料理教室。
先週が年内最後のレッスンで、クリスマスメニューを習ってきました。

リークのスープにローストビーフ。

120901.jpg

120902.jpg

イギリスでローストビーフの付け合わせと言えば、ヨークシャープディング。
本当のレシピは恐ろしい程オイルをたっぷり使うらしいですが、先生オリジナルのレシピはバターを型に塗る以外、油分は使用しません。
でも、レストランで食べるヨークシャープディングより美味しかったです!
そして、ソースも、お店で食べるローストビーフのソースより美味しかった!

他にも、オードブルとデザートを作り、プロセッコで乾杯しましたよ~♪
いつもお料理教室の帰りはお腹いっぱいです。


今年のクリスマスはチキンにしようかな~と考えていたので、このローストビーフ、もしかすると来年のお正月メニューになるかもしれません。。

Bicram Yoga(ビクラムヨガ)

この秋から始めたこと③、Bicram Yoga(ビクラム ヨガ)。

数年前、長距離を走って疲労骨折してしまった私は、怪我をするリスクのないヨガに以前から興味があり、近くで何かないかと探していたのですが、なんと自宅から徒歩3分ぐらいのところにbicram yogaのスタジオがあることを知り、早速通い始めました。(現時点で3回目)

ヨガスタジオ
(人目につかないヨガスタジオの入口)

bicram yogaとは、室温40℃、湿度55%の環境で90分間、26ポーズを2セット行うものです。(※hot yogaは60分間)

感想は、物凄くハード・・・
初回は後半身体が動かなくなってしまい、ぐったりと横たわりつつ、ちょっとでもついて行こうという思いで精いっぱいでした。
2回目は少し慣れて、後半に2ポーズ程度休憩を取り、なんとか終了。
3回目は平日の18時~の会に参加したため、会社帰りの人で超満員。それだけでも室温が通常より上がってしまったのだと思われ、前半から汗のかき方が尋常ではなく、後半の疲れも2回目より大きかったです。
主婦は平日の昼間に行くべきですね。

少しずつ慣れてきている感はあるものの、最後まで一定の呼吸を保てるようになるまではまだまだ時間がかかりそうです。

インストラクターは早口英語なので全部聞きとれるわけでもなく、「これでいいのかな?」と思いながら行っているポーズもあるので、その点は自分で調べるなりして、よりよい効果を出せるようにしていきたいです。

ヨガに行く前、へんな緊張感からか「エネルギーつけなきゃ!」と思ってチョコレートなんかを頬張ってしまいます・・・
そしてヨガの後って、お腹がすくんですよね・・・(-_-)

果たして痩せるかな~?

パン教室2

またまたパン教室!
今回は、クリームパンとオニオンパンを作りました。

RIMG1962.jpg

クリームパンは懐かしい日本の味。
オニオンパンは後日スライスしてフライパンで表面をカリっと焼いて食べたらとっても香ばしくて美味しかったです。

まだ自宅で一人でパン作りをする勇気はありません。。。
パン作りは時間も体力も必要なので、失敗はしたくないのです。
もうちょっと教室に通って、練習してみよう!

wine lesson

イギリス人講師によるワイン教室に参加しました。

その日のテーマはイタリアの白ワインについて。
英語がわからなかったらどうしよう。。と最初はちょっと緊張しましたが、日本人対象のクラスということもあり、比較的ゆっくりと、易しい英語で説明してくれました。
場所はとある古い教会のパブリックスペースのような部屋。
生徒が私含めて3名でとてもアットホームな雰囲気だったので、リラックスしながら講義を聞けて、色々と質問もできて良かったです。

講義の後は、4種類の白ワインとそれに合うお料理を味わいました。

お料理は、講師の奥様(イタリア人でイタリア料理の先生)が準備したというもので、家庭的な味で美味しかったです。
RIMG1833.jpg
(デザートの手作りティラミス。ほっとする味でした。)

イギリスはワイン教育が熱心な国だと、以前何かで読んだことがあります。
ロンドンのスーパーのワインコーナーは、そのお店の中でも1,2位ぐらいの売り場面積を占めていて、世界各国のワインがぎっしりと並んでいます。
そして値段も安いです。
だからイギリス人にとって、ワインはとても身近な存在。
Pub文化のイギリスですが、ワインもビールに負けないぐらいの存在感があるのです。

帰りに、教会近くにある観光名所(?)、ビートルズのレコードのジャケットで有名な「Abbey Road」に立ち寄って写真撮影。
観光客は皆この横断歩道で、ビートルズと同じポーズをとって写真を取るんですって。
RIMG1836.jpg

周りの景色も少しだけ・・・
RIMG1837.jpg

この後英語のレッスンへ・・・
この日は英語づくしでちょっと疲れました。
     
アクセスカウンター
プロフィール

mikarin

Author:mikarin
夫の転勤のため2010年5月にロンドンへやって来ました。
食べること、飲むこと、旅行が好きな専業主婦。
2013年4月に長男(太郎)が新たに家族に加わりました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。